電車の中でメイクする人

おそらくは誰もが疑問に思っている、電車の中のメイクについて。
個人的には最近携帯やスマホにおされ気味で、めっきり見かけなくなったこのメイクだが、あるところにはまだ健在なのかもしれない。

私がここで言った疑問というのは、メイクは一体何のためにするものなのかという、シンプルかつ根源的な疑問である。
ずっと、メイクと言うものは人に会うための礼儀、とか、色んなボロを隠すもの、もしくは少し美しく見せるためのもの、という風に考えていた。
けれど、電車の中でメイクをする人は、あっさりその概念を崩し去ってしまったのだ。
彼女達は誰のためにメイクをしているのか。
少なくとも、通勤途中にすれ違ったりする不特定多数の他人のためではないことは分かる。
だって素顔から変身後までみんなにて見せてしまっているのだから。
正体を隠しているヒーローが、変身シーンを公開しているようなものだ。
一体誰に正体を隠しているのか。
会社内の人間か。
取引先か。
それともただ目的地で会う人か。
彼女達の中には、体裁がないわけではない。
美しく整えた顔で向かいあいたい人がいる、というのがその証拠だ。
だから、体裁がないのではなく、その整える相手がごくごくわずかな人間である、というだけなのだ。
ただそれだけなのだ。
だから、道で通り過ぎる人や、電車の中で隣に座った人なんかは、彼女達の人生において、かけらも意味をなさない。
そこにある、という認識をされるだけのもの。
むしろ、そんな意識すらもないかもしれない。
だから、気を配るべき相手はそんなものではない。
ということだろうか。
けれど個人的には、社会的にどうだこうだ、ということよりも、変身シーンはやっぱり見えないところでやって欲しい。
何のことはない、ただ単純に、あなたの正体を見たくないのだ。

おとなのおもちゃ箱
大人のおもちゃ
おとなのおもちゃでEVERY NIGHT LOVE #コスプレ #〇〇フェチ #ゲイ #レズ #お風呂グッズ #業務用品
every-night-love.com

«