人が出会いを求めること

私が高校生くらいの頃、ようやくみんな携帯電話を持ち始めた。
インターネットも普及し始めたばかりのころで、ソーシャルネットワークというものを通して、遠くにいる他人と接点が生まれることにみんなが感動していた。
そう、それはちょうど出会いを求める男女が登録する、いわゆる出会い系というものが生まれたころ。

私が通っていた高校では、あまり男女間の交友というものがなく、出会いを求めるのであれば、他校か、外の世界に求めるしかなった。
そうした雰囲気もあって、当時の高校生達はそうした出会い系のサイトを活用している子が多かった。
それは今のように犯罪の巣窟として認識されていなくて、ほとんどのケースでみんな合コン感覚だった。
確かに登録していた人間も、まだまだそうした感覚だったのだと思う。
よく、そうしたところで出会った男の子の話をしている友達がいたくらいだ。
けれど今考えると、なんとも恐ろしい。
顔も素性も分からない人間と、1対1で会うのだから、当時の危機意識の低さには驚く。
もちろんあっという間にそれで問題が起こり、危険なものと認識されるようになった。
当たり前だ。
しかし、こと恋愛の機会を求めることに関して、なぜ人間はここまで危機意識がなくなるのか。
捨て身といってもいいくらいだ。
それほどまでに、パートナーを見つけるということの確率は低いものなのだろうか。
そうすると、私ももっと必死に探さないとだめだろうか…。
けれども人間は知恵が付いた分、他の生き物よりずるがしこい。
他の動物と同じようにパートナー探しに集中しようとも、これだけは忘れてはいけない。

男をディスるブログ
女性向けの『アダルトビデオ』
理想的なシチュエーション、ひとりエッチ用、イケメンのオトコに優しくされる、オンナ主導で快感、オトコをなぶる、マンガやドラマのような恋愛、不倫 NTR
www.wendyholcomb.net/tag/video/

«
»