大失態の末の修羅場突入

昨日は本当の意味での修羅場となり、もうダメかと思いました。
いつも飲み会だのつきあい残業だの色んな理由をつけては若い子と遊び歩いていたのですが、ついに妻にバレてしまいました。

最初はもっと緊張感を持ってバレないように気をつけていたものですが、やはり慣れって怖いですね。
シャワーを浴びようとジャケットを脱いだ瞬間、妻からいきなり平手打ちを喰らったかと思いきや、その後思い切り蹴り倒されました。

なんと、ワイシャツを裏返しに着ていたという失態。
それにしてもあそこまで速攻で迷いも無く攻撃できたということは、前々から疑われていたのでしょうね。

その日は土下座して謝りましたが、まだまだお怒りは収まっておりません。
私の修羅場は当分続きそうです。
これも全て自分の責任なわけですが、このまま離婚届を突きつけられても仕方がないですね。

半分は覚悟の上なのですが、慰謝料がとても痛いです。
結婚は比較的簡単にできるのに、離婚はとことん面倒くさいシステムになっています。
そもそも、結婚というシステムも今の日本には、生き難いスタイルなのかもしれません。

結婚願望がある人が相対的に少なくなっているのは、
・経済的な問題
・親戚付き合いの煩わしさ
が大きくあるのでしょう。

他人がそう簡単に「家族」になれるわけがないのですから、無理矢理感は否めませんね。
パッと遊びたくなる男性が多いのは癒しを求めているからです。

風俗ナビ

«
»